<チャート式数学>赤チャートの威力

チャート式

チャート式と言えば、数研出版の有名な参考書。その中でも数学のチャート式は高校が指定して使用するほど有名な教材です。

このチャート式は難易度によって色分けしているのも有名で難しい順から、赤>青>黄>白となっていて、他に演習に特化した緑や紫、黒といったものまであって、かなり多種多様。

「一体どれを使ったらいいの?」

と頭を悩ませる高校生も多いでしょう。

東大・京大レベルであっても

「青チャートをやっていれば大丈夫」

「赤チャートは無用。赤は数学好きな人向け」

といった声があったりして、確かにこれまでは

青チャート最強!

という見方があったのも事実です。

私も相談されたときは、「赤チャートをやりこなせる高校生は少ない。持っていることで満足して、使いこなせないのでは意味がない。

背伸びしないで青チャートをやったほうがいい」と、答えていました。というのも私自身、高校時代は赤チャート使っていましたが、正直、あまり見やすいとは言えず、内容も発展的なものばかりで本棚の飾りになっていたのです。

(今も実家の本棚に飾られています)

でも、そんな最高レベルの赤チャート、数研出版さんが趣味で作っているはずがありません。

確かにこれまでは若干趣味性が高めでしたが、新しいチャートは、この赤の威力がすごい!んです。

最高難度のチャートだけあって、発展内容はしっかりと載っているのですが

かといって、これまでのように

「基本がわからない人は、お断り」的な偉そうな感じではありません。

むしろ

「教科書だけではわからなかった分野も、これで理屈を確認してくださいね」

というように、

初心者にだって困らないような作りになっているんです!

これぞ、まさに数研品質・数研プライド!です。

(下町ロケット風)

昔の赤チャートを知っている人は、書店で手にとってみてください。

まず、色使いやフォントがとても見やすい。

そして、驚くほど基本が載っている。

さらに、「これでもか!」というほどのコラムの量。

かなりの変化にびっくりすると思います。

個人的にはコラムにしびれます。

読むだけでも楽しいです。

新しい赤チャートを見ると、青チャートは

「え~っと、とりあえずここまで」という寸止め感があって

ちょっと不完全燃焼。

それほど、赤チャートは基本から発展までしっかりと載っていて

かつ、数学に大切な

「論理的思考」を大事にしていることを感じます。

簡単に言うと、どうしてそうなるか?ということをきちんと説明して

くれているのです。

(私も高校時代、この赤チャートに出会いたかった・・・)

*****

と、べた褒めしている赤チャートですが、本当に素晴らしい参考書なので

早速校舎にも設置しました。

これで、数学好きな生徒が増えるといいなあ!と思います。

ただ、これは赤・青両方に言えることなのですが、

使い方としては辞書のように利用するのが最適で、

あくまでも参考書と考えるのが良いです。

問題も充実はしていますが、そこは演習用のチャートや他問題集のほうが

ありますし、演習講座のテキストを使ったほうがよりベター。

チャート式は辞書のように使うと割り切って、問題演習を何週もするというのは

あまりお勧めしません。

というのも、やはり幅広く問題を取り扱うとなるとあのページ数では絶対に

足りず、代表的なものに限定しなくてはいけないのです。

また、自分に合ったレベルの問題をこなすのが一番いいのですが、

高校生が自分で

「これが自分に合うな」

と選ぶのは難しいですし、いちいち分野ごとにそんな選定作業

(どれをやってどれをやらないか)をしている時間は勿体ないです。

また、もちろん、数学の理解を深めたいという気持ちがない場合は

赤チャートはちょっと重過ぎるかもしれません。

「結局、どの色を買ったらいいの?」と迷っている方は

直接相談に乗りますので、校舎までお問い合わせください。数学についての他の記事は下から。

いつでもお待ちしています。

<チャート式数学>赤チャートの威力” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です