【注意】大学出願に向けてこの時期やること

大学

共通テストまであと1か月。
最終模試も終わり、あとは演習を積んで弱点克服するのみ!といったところでしょうが、この直前期は勉強はもちろん大事な出願の準備を進める時期でもあります。冬休みに入って「ああ!しまった!」とならないように気を付けましょう。高校入試のように周りの大人が全部やってくれるなんてことはありません。出願ミスも入学手続きミスもすべて自己責任!なのです。

準備① 調査書

高校生なら学校で担任の先生の指示に従って、調査者発行希望書を出してください。学校によっては有料のところもあるので、注意しましょう。提出期限を過ぎてしまうとその分発行が遅れて出願に間に合わないなんていうことも‥‥。学校の先生の印鑑が必要な書類なので、頼んだらすぐ貰えるなんてことはないんですよ。

調査書は一体何通必要か?という質問も多いのですが、一つの封筒に1通という大学が多いようです。なので学部で併願する場合、同時出願なら1通、バラバラに出すならその分多く必要になります。先輩が「調査書は多めに貰っておいたほうがいい」というのはそういうことです。急に出願先が変わることもありますしね!

また、社会人の方が大学受験しようとなると調査書が発行されない(あまりにも大昔だと…たいてい5年が目安)ことがあります。大学もそういうケースにあわせて卒業証明書だったり成績証明書なるもので受け付けてくれます。どちらも高校の窓口で発行してくれるのでご安心を。

調査書の封筒は絶対に開けないこと!開けたら無効ですよ。

準備② 顔写真

この顔写真についても質問が多いので一気にまとめます。高校で安く撮影してくれたのがあるから大丈夫!という人は要注意。大学によっては「制服不可」といった条件があるところも少なくないのです。

カラーと白黒どちらかいいですか?

カラー写真指定のところがあるので、カラー写真で準備しましょう。

スピード写真でもいいですか?写真屋さんで撮ってもらった方がいいですか?

スピード写真でもいいですが、その場合は必ずデータダウンロードサービスがある機種にしましょう。いまはオンライン出願が主流なのでデータがないととても不便です。(というか出願できません)スピード写真も今は高性能ですが、個人的には写真屋さんをお勧めします。光の当たり方とか髪の流れなど細かく調整してくれるので、とても綺麗な仕上がりになります。大学によってはそれが4年間の学生証写真にもなるので、綺麗な写真で出願したいものです。

スマホやデジカメで撮ったらダメなの?

ダメということはありません。きちんとした背景で撮れるならタブレットやスマホでも大丈夫です。ただ解像度やサイズなど指定がありますし、手間を考えると写真屋さんにお願いするのが楽かもしれません。また、画像のサイズは5MB以下というところが多いようです。
 ・JPEG(PNG可能の大学あり)
 ・5MB以下
 ・縦横150ピクセル程度(受験大学の指示を確認しましょう)

準備③ 願書(募集要項)

ひと昔前と違っていまは願書が書店では売られていません。全部、オンラインで取り寄せます。各大学のサイトから申込むことができますが、万能なのは「テレメール」。複数の大学を一度に頼めるのでとっても便利です。願書だけではなくパンフレットも取り寄せ可能なので、低学年の生徒もぜひ利用してみてください。くれぐれも受験生は「願書だと思ったらパンフレットだった」なんてことがないように…。オンライン出願はほとんどが年明けすぐに始まるので12月中に願書を購入し、マイページ登録を済ませあとは登録と入金だけという状態でお正月を迎えたいところ。

準備④ プリンターのインク

この時期、年賀状で酷使する自宅のプリンター。いざ!受験票をダウンロードして印刷しようとしたらインクがかすれて読めない!プリントアウトできない!なんてことも過去ありました。まずは自宅のプリンターでちゃんと印刷できるかどうか?インクも予備があるかを確認することをお薦めします。あまりメカには強くなくて…という場合は、校舎のプリンターでも印刷できますからぜひ活用してください!(スタッフに声をかけてくださいね!)

今回はこの時期(12月)に受験生が行うべきことをまとめました。模試の結果に一喜一憂することがあるかもしれませんがそれよりもまずは戦いの装備がちゃんと備わっているかも確認しましょう。どんなに勉強しても、最後、試験会場に行き全力を出せなければ意味がないですから。また次は出願上の注意についてブログでまとめます!

(余談)ここ最近、検定や資格試験にチャレンジしているのですが、びっくりするのは「受験票忘れ」「顔写真忘れ」がかなりいること。「顔写真を貼り付けて持参」という指示があるテストで、受付の人に「糊貸してください(←借りて当然という感じの口調)」と申し出る学生さんもたくさん見ますよ。受付の方も苦笑い。人の優しさに甘えず準備はしっかりと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です