地歴・公民の学習法

本

地歴・公民は問題のレベルも様々で、高得点を取るには範囲全ての理解、暗記が必要です。範囲が膨大なこともあるので、効率の良い勉強が求められます。ここでは、オススメの勉強法を紹介します。

地歴公民の千題テスト対策や復習にも役立ちます!

流れを確認
まずは流れを確認しましょう。流れを把握しなければ語句暗記が効率良く進みません。教材は教科書でも受講のテキストでも参考書でも何でも構いません。範囲に該当する通史全体の流れを確認し、基本事項の暗記をすることが必要です。記述式の大学を受験する人は、一度重要語句を書いて漢字の間違いがないかチェックしましょう。流れの確認と基礎事項の暗記がこの段階ですることです。
語句の暗記
基本事項が暗記できたら、次はもっと細かい語句の暗記です。この勉強が千題テストの勉強でメインになります。語句の暗記を徹底することが千題テストでの高得点、社会科目成績向上のカギです。これは一問一答を使うのが良いでしょう。方法として、青ボールペンを使ってとにかく書きまくるのもおすすめです。しかし、一問一答の範囲がとんでもなく広いことがあります。そのような時は、一問一答の★が多い問題から優先的に覚えるのが良いです。ただ難関大受験者は★なしまでふれることをおすすめします。
テキスト・史料集で完璧に
文化史の写真問題や地図問題など一問一答では対策出来ない問題も出してきます。そのような問題はテキストや史料集を使って、建造物や絵画の写真、図表を見て対策するのがいいでしょう。ここまでしっかり対策出来たら、高得点間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です