チューターも人間

こんにちは!

東進柏駅西口校チューター1年の角永です。

知ってるよという生徒が多いと思いますが、ここで簡単に自己紹介をします。

出身高校は県立柏高校で、今は早稲田大学の教育学部数学科に通っています。

趣味はスポーツをすることや筋トレ、一番はディズニーです!

そんなこと常識ですよ!と柏駅西口校の生徒は口をそろえていってくれることでしょう(笑)

そんなみんなにクイズを出したいと思います!

最近角永がハマっているディズニーのショーは何でしょうか?

①アウトオブシャドウランド

②ハローニューヨーク

③ビックバンドビート

※もし一つでも何のことかわからない人がいたら角永によるディズニー特別講座(1回5時間)20講座分ご用意しますのでお気軽にご相談ください(笑)

正解は③のビックバンドビートです!

これについて話すととんでもないことになりそうなので省略します(笑)

さて、雑談はここまでにしてタイトルの話に移ります。

タイトルをおさらいします。

「チューターも人間」です。

つまり何が言いたいのかについて話していきます。

よく数学などの質問対応をしていることが多いのですが、

「こうやるんだよ」というと大抵の生徒は「こんなの自分じゃ思いつきません」と返してきます。

僕はそれについて何も不満があるわけではないです。

ただ、簡単にあきらめないでほしい!と思います。

その解法が思いつかないのは当たり前だと思います。

思いつくんだったら質問しに来ないですよね。

問題はその思いつかない解法が出てきた後なんです。

そこで自分じゃ無理とあきらめるのはまだ早いよ!ということです。

タイトルにもある通り、チューターも人間です。

何も特別何か才能をもって生まれてきた非人間ではないのです。

チューターの人もみんなと同じように思いつかない解法に何回も直面しているのです。

でも、そういった思いつかない数学の解法だったり

こんなの知らないよと思う日本史の知識や

どうやったらそんなに早く読めるの?と思う英語の読むスピードだったり

そういった困難をあきらめずに努力し自分なりの工夫や当時の担任と相談して突破し

難関大学に合格してきた人たちがチューターなのです。

なにも最初から全てできていたわけではないんです。

これからもみんなはそういった問題に出会うことがあると思います。

でも、あきらめないでください。挑戦してみてください。

きっと何か良いものとしてみなさんに返ってくると思います。

もちろん、わからない問題があったらいつでも質問しにてくださいね(笑)

いつになくまじめな文章を書いてしまいました(笑)

ですが、いつも通り東進ではにこやかに過ごすのでこれからも宜しくお願いします(笑)

残りの受験までの期間あきらめずに戦っていきましょう!

以上、明後日誕生日の角永でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です